ストレスを感じすぎればヘルケアも効果なし。

ヘルケア公式通販サイト↓↓↓

ヘルケアが効果がない時にはどんな時があるか?

それを知るのはヘルケアを購入する前にとても大事な事ですよね。

そこで、ここでは自律神経を整える爪もみについて解説したいと思います。

既に、ヘルケアを飲んでいる人は必見ですよ。

まずは、血圧について解説していきます。

血圧というのは、自律神経によってコントロールされているのは、前回までの記事でも紹介しましたが、それは交換神経と副交感神経がバランスを取りながら、体の機能を調節しているからでしたね。

そして、血圧が上がってしまうのは、交換神経が優位に働くとき。

つまり、血圧が高くなって下がらない理由は、交換神経が緊張状態にある証拠、とも言えます。

そして、その交換神経を最も緊張させてしまうのが、心身のストレスです。

 

ある50代前半の人の話なんですが、

「最大血圧が160㎜。それ以上は何をやっても下がらない。」

という人がいました。

その人は病院で「原因は過労による働き過ぎのストレスが高血圧の原因」と指摘されました。

そして、運動習慣の改善と爪もみを指導されたんですね。

そしたら、1ヶ月ぐらいの間に血圧は130㎜台にまで低下したんです。

その人の運動習慣の改善する事で、適度に体を動かすおうにならい、血流がよくなりました。血流が良くなるだけでも交換神経の緊張は自然にほぐす事ができます。

さらに、爪もみによっても自律神経を刺激して、交換神経と副交感神経のバランスを整える効果があります。

その50代前半の人は、毎日ウォーキングをする事で運動不足を解消し、手が空くたびに爪もみを実践していました。

その結果血圧が低下したんです。

因みに、その人が今までろくな運動をせずに過ごしてきたにもかかわらず、熱心に運動と爪もみを実践したのは、高血圧とともに、糖尿病と免疫力の低下を気にしていたからなんだそうです。

自律神経は血液中の白血球をコントロールして、免疫力を支えてくれています。白血球の中には顆粒球とリンパ球があり、そのバランスを調整を自律神経が行っています。

自律神経が乱れることで、免疫機能も乱れ、病気にかかりやすくなってしまうんですね。

さて、その気になる爪もみですが、爪のどこを揉むかというと、それは爪の生え際にある井穴(せいけつ)という部分です。

東洋医学では、「気」と呼ばれる生命のエネルギーの働きは、西洋医学的にみた自律神経の働きとほとんど同じだといえます。

生命エネルギーは、空気と同じように、目には見えないものです。

生命エネルギーの状態が正常でない場合は、自律神経は正常に働くことができなくなってしまいます。

ストレスは生命エネルギーに対して本当に強く作用します。

例えるなら、自律神経のバランスがとれた状態というのは、空気が抜けてしまい、うまく回ることができませんが、空気圧を調整すれば、またスムーズに回ることができるようになりますよね。

それのタイヤの空気口に相当するのが、井穴です。

井穴への刺激は指先から全身へと生命エネルギーを行き渡らせる力となり、刺激を繰り返していくことで、ストレスなどの影響で停滞していた生命エネルギーの流れも復活してきます。

そして、自律神経は本来の動きを取り戻し、バランスが整えられるんですね。

実際、鍼灸、漢方、アロマセラピーやヨガなどの代替医療の多くは、爪もみと同じく、生命エネルギーの調整を目的としたエネルギー医学に属します。

数ある代替医療のなかでも、爪もみが優れ地得るのは、エネルギーと自律神経、免疫系お3つを一緒に改善させられるところ。

さらに、自分で簡単にできるところも見逃せません。

そんな爪もみは高血圧の人が自律神経を整えるためには本当におすすめですよ。

ヘルケアはあくまでも栄養面で高血圧にアプローチするものですが、体の作りからのアプローチとしての爪もみを同時に実践することで、血圧が高めの状態を改善してくれるスピードも効果もきっと高くなると思います。

このブログではヘルケアと自律神経についてわりと解説していますが、他のヘルケアを紹介しているサイトにも自律神経について触れられているものがあったので、紹介しておきますね。⇒エーザイ【ヘルケア】の口コミと効果を徹底調査!お得な通販は公式、楽天、アマゾン? | AKIWeb

ヘルケアの効果を感じるために大切な事が自律神経以外にも書かれている部分があるので参考になると思います。

手首を押して高血圧対策。ヘルケアと併用すればベリーグッド!

前回の記事に続き、ここではヘルケアと併用すれば効果抜群の手首の押し方を説明しますね。

まずは、手首の甲を上にしてみてください。

手首を見ると、骨の出っ張りが2つあるのが分かると思います。

小指側の出っ張りとの中間の位置が副交感神経を刺激するポイントになります。

ここを親指で揉んで刺激していきます。

時間的には、30秒を目安とします。

この刺激はいつ与えても大丈夫です。

ただ、疲れている時などをに実践すると、より効果を実感しやすいでしょう。

このポイントについては効果があるという実験結果もあります。

ほとんど同じ条件で働いている整形外科医が実践したところ、その半分ぐらいの人が、このポイントを刺激する事で副交感神経が高まり、同時に血行も促進された事が確認されています。

ただ、中には効果を感じられなかった人もいいましたが、その人たちは、どうやら仕事で徹夜明けだったそうです。

高血圧の人にとって、徹夜は体に大きな負担となることから、その人たちには効果がなかったと考えられます。

さて、この手首のポイントを刺激するだけでどうして高血圧に効果があったと言えるのでしょうか?

まず一つは、物理的な刺激による効果がかんがえられます。

ポイントが刺激されると、刺激に反応して、まず副交感死刑が高まります。

そして、刺激を終えると、その揺り戻しで、今度は副交感神経が高まってくることになります。

それと、手足などの末梢を刺激し、末梢の血行がよくなる事も効果の一つとして見逃す事はできません。

毛細血管は、体の隅々にまで伸びていますが、これらの毛細血管のおかげで体の隅々にまで酸素と栄養を供給する事ができています。

この毛細血管をしているのも実は自律神経です。

自律神経のバランスが崩れると、毛細血管の血行も悪くなりますし、毛細血管は細いので、血行が悪くなると、その影響で太い血管以上に影響がでてきます。

だから、自律神経のバランスが崩れている人の手足は冷えている事が多いんですね。

そもそもの話ですが、手足などの末梢の部位は、心臓からの距離が遠いので、血液の停滞が起こりやすいところでもあります。

こうした場合、末梢の刺激をしてあげると、その部位の鬱血が解消されて、魔性の血行を改善できる、と言うわけです。

そして、血行がよくなれば、それが副交感神経を高めることに繋がってくるんですね。

一般的には高血圧対策といえば食事が中心になってきます。
高血圧の予防と改善(1)ー食生活を見直す|高血圧|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア

ですが、こうした一種のマッサージもまたやり方次第では、効果的だったりするんですよ。

ヘルケアは栄養成分を取り入れることで、高めの血圧にアプローチしますが、それと平行して、この手首の骨と骨の中央を30秒揉むケアを実践してみてください。

思いの外に効果を感じられるようになりますから。

 

ヘルケアと副交感神経を優位にするポイント。

エーザイから販売されているヘルケアを飲むのであれば、是非実践して欲しい高血圧対策があります。

前回の記事では、副交感神経を優位にすることが高血圧対策には大切だという話をしましたが、ここではそのためのポイントを紹介したいと思います。

さて、私たちの体は、約60兆個の細胞の集合体だという事はどこかで聞いた事があるかも知れないですが、その一つ一つの細部は、機能するためには、十分な栄養と酸素が必要になってきます。

私たちは、その栄養と酸素を食事と呼吸によって体内に取り込み、そして腸と肺で吸収して、血液の流れにのせて、それぞれの細胞に運んでいます。

 

他にも細胞の老廃物を運び出したり、免疫細胞を運んできたりなど、血流は身体の機能を支えるうえで、大変重要な役割を果たしています。

高血圧とは、血管が収縮し、血管が細くなり、血流が阻害された状態。

すると、細胞に運ばれる酸素や栄養素が不足し、各細胞の機能が低下していってしまいます。そして免疫力が低下して、病気にもかかりやすくなります。

さらに、血栓ができやすくなり、血管がボロボロになっていくのも高血圧の特徴です。

血流が低下し、良いことは何もなんですね。

 

高血圧を改善するためには自律神経のうち、加齢とともに低下していく傾向がある副交感神経を高めることが何よりも大切だと前回の記事で書きました。

そのポイントとなるのが、手首にあります。

副交感神経をアップさせられるかどうかは、実は肩や腰などをもんでもあまり効果的ではないんですね。

それよりも手足の末梢神経を刺激した方が、血流を促し、そして副交感神経を高める効果が期待できるんです。

 

ただし、手首の内側をおしても効果的ではありません。

手首の動脈をおすためか、逆効果となってしまう場合すらあります。

次回の記事では、その手首の外側を押すポイントを紹介しますので、期待していてください。

ヘルケアを飲みながら、実践すれば鬼に金棒ですから。

ヘルケアで高めの血圧を改善するなら自律神経対策も。

ヘルケアは血圧が高めの人のためのサプリメントですね。

いわしの成分であるサーデンペプチドが入っているおかげで、続けていけばだんだんと血圧は高い状態から改善されていきます。

ですが、あまりヘルケアに頼りすぎるのも実はよくないのを知っていますか?

それを知るためには、まずはどうして血圧が高くなってしまうのか?という原因について知る必要があります。

世間一般では、血圧が高くなる原因は、塩分の多い食事や生活習慣の乱れなどが上げられていますが、実はそれ以外にも血圧を高くしてしまう大きな原因があるんですね。

それは、自律神経です。

自律神経という言葉を聞いた事がある人は多いと思いますが、自律神経には交換神経と副交感神経の2つがあります。

この2つのうち交換神経が副交感神経よりも優位な状態にある時は、血圧が高くなってしまいやすんです。

交換神経と副交感神経は1日の中でリズムを持って動いています。

朝きちんとおきて、朝日を浴び、朝食をとることで副交感神経優位の状態から、交換神経優位の状態へと円滑にシフトする事ができます。

こうしてリズムのアル生活をすることは、自律神経のバランスを保つのに欠かせない要素なんですね。

また、睡眠も重要。睡眠不足は、高血圧の人にとって大きな負担となるで、どんなに忙しくても徹夜は避けるべき。

理想的な睡眠時間は、6~7.5時間。

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠がワンセットになっており、それが1.5時間の単位で繰り返されいます。

1.5の倍数で睡眠時間を確保することが、良い睡眠を取るコツと言えるでしょう。

例えば、5時間寝るよりも、4.5時間でおきた方が疲れもとれ、スッキリ起きられるんですね。

入浴も大切です。

ぬるめのお湯にゆっくりと入ることで体はリラックスでき、副交感神経が優位になりやすい状態を作り出せますから。

さて、自律神経が交換神経優位の場合にどうして、血圧が高くなりやすいかといえば、それは、交換神経が優位の場合は一種の緊張状態にあるからです。

緊張状態にあると、血管は収縮することで、血圧が上昇してしまうんですね。

ヘルケアを飲んでいくうえで、大切なポイントがここにあります。

それは、常に自律神経が優位な状態が続いてしまっていると、せっかくヘルケアを飲むことで血圧を低下させようとしても、2つの作用がお互いにぶつかり合い、思った程の実感ができなくなってしまう可能性がでてきてしまうんですね。

だから、もし、ヘルケアを飲んで今後、高めの血圧対策をしていくのであれば、できるだけ副交感神経優位な状態の時間を1日の中で確保することが望ましい、と言えます