ストレスを感じすぎればヘルケアも効果なし。

ヘルケア公式通販サイト↓↓↓

ヘルケアが効果がない時にはどんな時があるか?

それを知るのはヘルケアを購入する前にとても大事な事ですよね。

そこで、ここでは自律神経を整える爪もみについて解説したいと思います。

既に、ヘルケアを飲んでいる人は必見ですよ。

まずは、血圧について解説していきます。

血圧というのは、自律神経によってコントロールされているのは、前回までの記事でも紹介しましたが、それは交換神経と副交感神経がバランスを取りながら、体の機能を調節しているからでしたね。

そして、血圧が上がってしまうのは、交換神経が優位に働くとき。

つまり、血圧が高くなって下がらない理由は、交換神経が緊張状態にある証拠、とも言えます。

そして、その交換神経を最も緊張させてしまうのが、心身のストレスです。

 

ある50代前半の人の話なんですが、

「最大血圧が160㎜。それ以上は何をやっても下がらない。」

という人がいました。

その人は病院で「原因は過労による働き過ぎのストレスが高血圧の原因」と指摘されました。

そして、運動習慣の改善と爪もみを指導されたんですね。

そしたら、1ヶ月ぐらいの間に血圧は130㎜台にまで低下したんです。

その人の運動習慣の改善する事で、適度に体を動かすおうにならい、血流がよくなりました。血流が良くなるだけでも交換神経の緊張は自然にほぐす事ができます。

さらに、爪もみによっても自律神経を刺激して、交換神経と副交感神経のバランスを整える効果があります。

その50代前半の人は、毎日ウォーキングをする事で運動不足を解消し、手が空くたびに爪もみを実践していました。

その結果血圧が低下したんです。

因みに、その人が今までろくな運動をせずに過ごしてきたにもかかわらず、熱心に運動と爪もみを実践したのは、高血圧とともに、糖尿病と免疫力の低下を気にしていたからなんだそうです。

自律神経は血液中の白血球をコントロールして、免疫力を支えてくれています。白血球の中には顆粒球とリンパ球があり、そのバランスを調整を自律神経が行っています。

自律神経が乱れることで、免疫機能も乱れ、病気にかかりやすくなってしまうんですね。

さて、その気になる爪もみですが、爪のどこを揉むかというと、それは爪の生え際にある井穴(せいけつ)という部分です。

東洋医学では、「気」と呼ばれる生命のエネルギーの働きは、西洋医学的にみた自律神経の働きとほとんど同じだといえます。

生命エネルギーは、空気と同じように、目には見えないものです。

生命エネルギーの状態が正常でない場合は、自律神経は正常に働くことができなくなってしまいます。

ストレスは生命エネルギーに対して本当に強く作用します。

例えるなら、自律神経のバランスがとれた状態というのは、空気が抜けてしまい、うまく回ることができませんが、空気圧を調整すれば、またスムーズに回ることができるようになりますよね。

それのタイヤの空気口に相当するのが、井穴です。

井穴への刺激は指先から全身へと生命エネルギーを行き渡らせる力となり、刺激を繰り返していくことで、ストレスなどの影響で停滞していた生命エネルギーの流れも復活してきます。

そして、自律神経は本来の動きを取り戻し、バランスが整えられるんですね。

実際、鍼灸、漢方、アロマセラピーやヨガなどの代替医療の多くは、爪もみと同じく、生命エネルギーの調整を目的としたエネルギー医学に属します。

数ある代替医療のなかでも、爪もみが優れ地得るのは、エネルギーと自律神経、免疫系お3つを一緒に改善させられるところ。

さらに、自分で簡単にできるところも見逃せません。

そんな爪もみは高血圧の人が自律神経を整えるためには本当におすすめですよ。

ヘルケアはあくまでも栄養面で高血圧にアプローチするものですが、体の作りからのアプローチとしての爪もみを同時に実践することで、血圧が高めの状態を改善してくれるスピードも効果もきっと高くなると思います。

このブログではヘルケアと自律神経についてわりと解説していますが、他のヘルケアを紹介しているサイトにも自律神経について触れられているものがあったので、紹介しておきますね。⇒エーザイ【ヘルケア】の口コミと効果を徹底調査!お得な通販は公式、楽天、アマゾン? | AKIWeb

ヘルケアの効果を感じるために大切な事が自律神経以外にも書かれている部分があるので参考になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です