ヘルケアで高めの血圧を改善するなら自律神経対策も。

ヘルケアは血圧が高めの人のためのサプリメントですね。

いわしの成分であるサーデンペプチドが入っているおかげで、続けていけばだんだんと血圧は高い状態から改善されていきます。

ですが、あまりヘルケアに頼りすぎるのも実はよくないのを知っていますか?

それを知るためには、まずはどうして血圧が高くなってしまうのか?という原因について知る必要があります。

世間一般では、血圧が高くなる原因は、塩分の多い食事や生活習慣の乱れなどが上げられていますが、実はそれ以外にも血圧を高くしてしまう大きな原因があるんですね。

それは、自律神経です。

自律神経という言葉を聞いた事がある人は多いと思いますが、自律神経には交換神経と副交感神経の2つがあります。

この2つのうち交換神経が副交感神経よりも優位な状態にある時は、血圧が高くなってしまいやすんです。

交換神経と副交感神経は1日の中でリズムを持って動いています。

朝きちんとおきて、朝日を浴び、朝食をとることで副交感神経優位の状態から、交換神経優位の状態へと円滑にシフトする事ができます。

こうしてリズムのアル生活をすることは、自律神経のバランスを保つのに欠かせない要素なんですね。

また、睡眠も重要。睡眠不足は、高血圧の人にとって大きな負担となるで、どんなに忙しくても徹夜は避けるべき。

理想的な睡眠時間は、6~7.5時間。

睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠がワンセットになっており、それが1.5時間の単位で繰り返されいます。

1.5の倍数で睡眠時間を確保することが、良い睡眠を取るコツと言えるでしょう。

例えば、5時間寝るよりも、4.5時間でおきた方が疲れもとれ、スッキリ起きられるんですね。

入浴も大切です。

ぬるめのお湯にゆっくりと入ることで体はリラックスでき、副交感神経が優位になりやすい状態を作り出せますから。

さて、自律神経が交換神経優位の場合にどうして、血圧が高くなりやすいかといえば、それは、交換神経が優位の場合は一種の緊張状態にあるからです。

緊張状態にあると、血管は収縮することで、血圧が上昇してしまうんですね。

ヘルケアを飲んでいくうえで、大切なポイントがここにあります。

それは、常に自律神経が優位な状態が続いてしまっていると、せっかくヘルケアを飲むことで血圧を低下させようとしても、2つの作用がお互いにぶつかり合い、思った程の実感ができなくなってしまう可能性がでてきてしまうんですね。

だから、もし、ヘルケアを飲んで今後、高めの血圧対策をしていくのであれば、できるだけ副交感神経優位な状態の時間を1日の中で確保することが望ましい、と言えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です