ヘルケアと副交感神経を優位にするポイント。

エーザイから販売されているヘルケアを飲むのであれば、是非実践して欲しい高血圧対策があります。

前回の記事では、副交感神経を優位にすることが高血圧対策には大切だという話をしましたが、ここではそのためのポイントを紹介したいと思います。

さて、私たちの体は、約60兆個の細胞の集合体だという事はどこかで聞いた事があるかも知れないですが、その一つ一つの細部は、機能するためには、十分な栄養と酸素が必要になってきます。

私たちは、その栄養と酸素を食事と呼吸によって体内に取り込み、そして腸と肺で吸収して、血液の流れにのせて、それぞれの細胞に運んでいます。

 

他にも細胞の老廃物を運び出したり、免疫細胞を運んできたりなど、血流は身体の機能を支えるうえで、大変重要な役割を果たしています。

高血圧とは、血管が収縮し、血管が細くなり、血流が阻害された状態。

すると、細胞に運ばれる酸素や栄養素が不足し、各細胞の機能が低下していってしまいます。そして免疫力が低下して、病気にもかかりやすくなります。

さらに、血栓ができやすくなり、血管がボロボロになっていくのも高血圧の特徴です。

血流が低下し、良いことは何もなんですね。

 

高血圧を改善するためには自律神経のうち、加齢とともに低下していく傾向がある副交感神経を高めることが何よりも大切だと前回の記事で書きました。

そのポイントとなるのが、手首にあります。

副交感神経をアップさせられるかどうかは、実は肩や腰などをもんでもあまり効果的ではないんですね。

それよりも手足の末梢神経を刺激した方が、血流を促し、そして副交感神経を高める効果が期待できるんです。

 

ただし、手首の内側をおしても効果的ではありません。

手首の動脈をおすためか、逆効果となってしまう場合すらあります。

次回の記事では、その手首の外側を押すポイントを紹介しますので、期待していてください。

ヘルケアを飲みながら、実践すれば鬼に金棒ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です